好条件にまつわる失敗エピソードとは?

給料面を含めた条件は、病院によってさまざまです。
そうなるとやはり好条件の求人を優先させたくなりますが、あまりよく調べずに飛びついてしまうと失敗をすることも。
ここではそのような、好条件にまつわる失敗エピソードをご紹介します。

「知人の紹介で…。」

医師求人の最新事情を探していると、知人から医師不足に悩んでいる病院を紹介してもらうことができました。
とりあえず今の病院から離れられればそれでよかったし、何よりも好条件だったのでその病院を転職先に選ぶことに決めました。

しかし実際に働いてみるとイメージしていた仕事内容とは少し剥離があり、また人間関係のいざこざもあって余計な気疲れをすることに。
確かに給与面は以前いた病院よりも高かったのですが、ここでキャリアを積み上げていく自信がありません。

他の病院に移りたいのですが、紹介してくれた知人の立場を考えるとそれもできません。
こんなことなら、好条件に釣られずにもっと調べていればよかった…。
今はそう後悔をしています。


「あまりの激務に仰天。」

やっぱり給料が高めの職場に限る。
そう思い、求職をしている時も給料の金額ばかりを追っていました。
そうしている内にあるクリニックに転職をすることができたわけですが、あまりの激務に仰天。
以前いた病院とは比べものにならない忙しさで、休む暇もありません

年収は確かに上がったのですが、時給で計算をするともしかしたら以前いた病院の方が良かったのかも?
何よりもこの忙しさでは、長く続けられる気がしません…。
もっと余裕を持って働けるよう、今はまた転職活動をしています。
前回の教訓を活かし、今度はエージェントと相談をしながら慎重に決めていきたいと思います。

条件以外もリサーチしよう

このように、好条件に気を捉われよく調べなかったばかりに失敗をしてしまった人も存在をしています。
条件が良い所を選びたくなるのは当たり前ですが、転職先を選ぶ時は勤務時間や内部事情もきっちりとリサーチしておきましょう。

またそうした情報を知る時は、医師専門の転職サイト{https://www.dr-10.com/}が便利です。
そうしたサイトには専任のエージェントがおり、情報の提供や相談に乗ってくれたりします。

ほとんどのサイトは登録が無料となっていますので、これを活用しない手はありません。
後悔しないためにも、転職のプロからのアドバイスを受けましょう。

 転職失敗エピソードから学ぶ!
転職のポイント   

  知人の紹介で好条件というだけで、安易に転職してはいけない。知人の紹介だと辞めずらいデメリットも!
  給料が高いということは、求められる事もハードな可能性が高い。転職の基準を給料の金額にしないこと!
  転職先を選ぶ時は勤務時間や内部事情も調べること!
  個人で調べられない情報は医師専門の転職サイトを活用すると転職成功率UP!